ネパール平和教育プロジェクトTOP

Memo.png最新の活動レポート

2010年6月17日

ネパール人の若者向けの実践的平和教育の合宿ワークショップ(CPP 15日間)を、ポカラ近郊のヒマラヤ山中で6月3日から17日まで行いました。

img049c11a5zik4zj.jpg今回の参加者は男女10人ずつの20人。年齢は18歳から27歳で平均は21歳。カーストや民族の背景としては、ダリット(最底辺の被差別カースト)6人、マガール族3人(プン氏族1名、タパ氏族1名、ラナ氏族1名)、グルン族2人、イスラム教徒の人1人、ブラミン(最高位のカースト)7人、チェトリ(2番目に高いカースト)1人。地域としては、ポカラのあるカスキー郡から8人、タナフン郡6人、パルバット郡6人。
LinkIcon活動レポートの続きを読む


マニュアル&プログラムの作成

Book.png新しい包括的平和教育のマニュアル&トレーニングプログラムづくり

IMG_4640.JPG新しい包括的な平和教育を創りだそうとしています。「懐かしい未来」「チルドレン・ネパール」の今までの経験をフルに活かしつつ、新たな知見も積極的に取り入れています。マニュアルは2週間のトレーニング用のものと3日間用のものの2種類(作成中。2010年度完成予定)。2週間用の草稿は現在400ページ(ネパール語)です。

さらに詳しくLinkIcon

若者の自助グループ運動

Book.png若者の自助グループ運動の概要について

IMG_4593.JPGコア・ピース・プロモーター(CPP)とローカル・ピース・プロモーター(LPP)は、協力して地域の若者自助グループを立ち上げます。そして、コミュニティや地方政府などにアプローチして必要なリソースを調達しつつ、若者たちが協力して平和な社会づくりのために何ができるかを考え、実践します。

さらに詳しくLinkIcon

Doticon_red_NEW.png ネパールの若者の声Comment.png

サンギタ・バリヤル.jpg

サンギタ・パリヤル(18歳)

名前はサンギタ・パリヤルです。家は、パルバット郡のパリヤバスVDCのカニ村です。SLCの試験を受けて、結果待ちです。
トレーニングはとてもよかったです。なぜなら自分がいろいろな点で変わったからです。
以前は人前で話すことができなかったのですが、今は自分のことをちゃんと話せるようになりました。人の前に立って話すことができます。また自分が学んだことを人に伝える力がつきました。

続きを読むLinkIcon